HOME >  全事業者 > 【締切延長中!当日参加も可】平成29年度「お茶の間フォーラム〔あんしんサポートリーダー(地域支え合い推進員)研修〕を開催します!!

 

◆平成29年度「お茶の間フォーラム〔あんしんサポートリーダー(地域支え合い推進員)研修〕の開催します!!

1.目 的 

 県内では,小地域のお茶の間づくりなど地域の気になることを地域で何とかしようとする“地域の気になることをほっとかない”取り組みが各地域ですすめられています。
 本研修では,どの地域でも生活課題として多くあげられる「制度対応では難しいちょっとした困りごと」「移動」について,支え合いの仕組みをつくっている県内外の実践報告を通して,その地域なりの支え合い活動をすすめるコツを学びます。
    併せて,それぞれの地域で活動実践につなげる機会とします。 

2.主 催 

 (社福)広島県社会福祉協議会

3.日 時 

  平成29年11月28日(火) 10:30~15:30

4.会 場 

 エソール広島 多目的ホール(2階) ※別紙1「会場案内図」参照
  広島市中区富士見町11番6号  TEL: 082-242-5252

5.参加対象等
【参加対象】

①地域福祉に取り組む住民活動者
・小地域のお茶の間づくりをすすめるあんしんサポートリーダー(候補者含む)
  ※指定期間終了地区のあんしんサポートリーダーも参加可能です
・各種ボランティア活動等に取り組む地域活動リーダー
・本研修に興味関心のある人,これから福祉活動に取組もうと考えている    

②市町社協役職員
 ・小地域のお茶の間づくり事業担当職員
 ・本研修に興味・関心のある職員

③福祉・保健・地域福祉活動者等の関係者
・地域包括支援センター,行政,社会福祉法人,民生委員児童委員など
  
 【参加定員】200人程度

6.参加費  無料

7.日程及び内容

9:30   10:30  10:40       12:00   13:00               15:20      15:30

受付

開会

基調講演

昼食

パネルディスカッション【まとめ含む】

(※休憩含む)

閉会

(1)基調講演「地域のみんなが主役!お互いさまの支え合い活動のすすめ
       ~ 安心して自分らしく暮らし続けられる希望あるまちづくり ~ 」
 講師:ルーテル学院大学・大学院 大学院研究科長・学事顧問・教授 市川 一宏
    
  安心して自分らしく暮らし続けられる地域づくりのために,小地域での住民同士の見守りや支え合いの活動づくりの必要性について確認します。
  また,地域の実情に応じた活動づくりのすすめ方や地域の多様な主体と協働・連携した福祉の地域づくりについて学びます。

  無題        ~講師プロフィール~
 ルーテル学院大学・人間総合学部人間福祉心理学科・大学院人間福祉学研究科社会福祉学専攻。1983年より日本ルーテル神学大学専任講師,1992年より同大学助教授を経て教授。2002年より2014年までルーテル学院大学学長。現在は大学院研究科長・学事顧問・教授。
○専門分野:社会福祉政策・地域福祉・高齢社福祉           
○研究テーマ:全国各地の実践から,様々な「地域の福祉力」を学び,
           各地域に合った地域福祉実践を研究テーマとする。
           近年,地域の福祉力を高め,孤立を防ぎ,「おめでとう」
           で始まり,「ありがとう」で終わる一人ひとりの人生が
           守られる,希望あるまちづくり,共生型社会づくりに挑戦している。

(2)パネルディスカッション「わが地域,わが事の支え合い活動をすすめるコツを学ぼう!」

  地域の生活課題に応じた支え合い活動の取り組みにおいて,「活動の立ちあげから運営で不安だったこと」「活動を行ってよかったこと」などのさまざまな思いの実践報告を通して,支え合い活動をすすめるコツについて学びます。

【パネリスト】
 ①三原市ダイヤハイツ地区お茶の間サロン「ダイヤサロン」  事務局長 槇野 勝昭
  『お茶の間サロン発のちょっとした困りごとを住民同士で助け合う(オタスケマン)取り組み』
  お茶の間サロン「ダイヤサロン」では,毎日型のサロン活動に加え,暮らしの中のちょっとした
 困りごとのある人を住民同士で助け合うお互いさまの“オタスケマン活動”をすすめています。
  

 ②兵庫県三田市藍地区つつじが丘小学校区街づくり協議会 会長
  ボランティアグループ「アユート」            代表 今井 昭夫
   『地域住民が主体となった外出支援の取り組み』
  地域で「外出の困りごと」がよく聞かれたため,外出支援検討チームを立ちあげ,
 自宅から目的地までマイカーを使って送迎するカーボランティアの活動をすすめています。
 

 ③大分県中津市沖代地区ボランティアグループ「沖代すずめ」 代表
  住民型有償サービス「沖代どんぐりサービス」           代表 吉田 日出子
   『地域にとって必要な支え合い活動を創出していく取り組み』
  常設サロン「沖代寄り合い所すずめの家」を活動拠点に,施設入所者を受け入れる
 認知症対応の逆デイサービスをはじめ,住民型有償サービスのマネジメントなど地域
 に必要な活動を専門職と連携・協働しながら創出し続けています。

【助言】ルーテル学院大学・大学院 大学院研究科長・学事顧問・教授 市川 一宏

【コーディネーター】広島県社会福祉協議会 地域福祉課


8.申込方法および申込締切 

 (1)別紙2「参加申込書」により,11月21日(火) までに申し込んでください。
           ※申込締切延長中です。当日参加も可能です。ただし,参加希望の場合は,本会へ連絡してください。

 (2)昼食は,一食650円(お茶付き)です。
   昼食希望者は,当日,受付終了時までに弁当券を購入してください。

 

9.その他 

 (1)本フォーラムは,「第3回あんしんサポートリーダー研修」,「第2回あんしんサポートリーダー・フォローアップ研修」を兼ねます。
 (2)参加申込書に記載された個人情報は,本フォーラムの運営管理の目的のみに使用します。

10.申込・問合せ先 

 広島県社会福祉協議会 地域福祉課(担当:豊永)
 〒732-0816 広島市南区比治山本町12-2  
 TEL:082-254-3414  FAX:082-256-2228 
 E-mail:chiiki@hiroshima-fukushi.net 

 

<詳細はこちらをご確認ください>

開催要綱

別紙1会場案内図

別紙2 参加申込書

チラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの上へ戻る