HOME >  県内の地域福祉情報 > 若い世代へ福祉・介護の魅力を伝える ~尾道市社会福祉協議会の取組み~

 尾道市社会福祉協議会では,市内の福祉・介護人材を育成・定着させていくため,昨年度より行政,ハローワーク,施設,高等学校等と連携し,「尾道市福祉・介護人材確保等総合支援協議会」を立ちあげました。本年度は,福祉・介護人材の確保につなげるために「まずは若い世代に福祉・介護の現状や仕事を知ってもらう機会をつくること」を目標に掲げ,具体的に事業を企画・実施しました。

 最初に,市内の高校生を対象とした施設見学バスツアーを8月の夏休み期間中に実施し,4校から15人の参加がありました。次に,福祉・介護を学ぶ授業を尾道高等学校スポーツ・芸術コース3年生の34人(10/18),広島県立尾道商業高等学校1年生の183人(11/8)に実施し,市内の介護福祉士養成校教員や施設職員が講師を務め,尾道市の高齢化の現状や,福祉・介護の仕事の魅力を伝えました。

参加した生徒のアンケート結果によると,ボランティアや職場体験等で福祉・介護の現場に触れたことがある生徒は,約2割しかいません。参加後,福祉・介護に関わりのない生徒からは,「福祉の仕事は大変な仕事だと思っていたけど,人の人生に寄り添うことのできるすばらしい仕事だと思った」「誰もが福祉・介護に関わりがあることがわかった」など,福祉・介護の仕事に前向きな感想が聞かれ,若い世代に向けた今回の事業の手ごたえを感じました。

尾道市の高校生には,地元に残って勉強・仕事を続けたいと希望する生徒も多く,今後も,若い世代へ継続的に事業を実施していくことで,将来の福祉・介護人材確保につなげていきます。

IMG_6741

 

問合せ先:尾道市社会福祉協議会 地域福祉課 TEL(0848)22-8385

       本会 福祉人材課  TEL(082)254-3415

ページの上へ戻る