HOME >  県内の地域福祉情報 > 生活困窮者支援を通じた地域づくりのための研修会を企画実施! ~庄原市社会福祉協議会~

生活困窮者支援を通じた地域づくりのための研修会を企画実施!~庄原市社会福祉協議会~

庄原市社協では,平成26年度に生活困窮者自立支援の準備事業を,平成27年度から生活困窮者自立支援事業を市から受託しています。

自立相談支援事業をはじめ,家計相談支援事業,食糧供給支援(フードバンク)事業,就労訓練事業,ハローワーク等と連携した就労支援など,困りごとや不安を抱えている人に寄り添いながら自立に向けた生活困窮者の支援に積極的に取り組んでいます。

一人ひとりの支援を展開していく中で見えてきたのは,「生活が苦しい」「仕事が続かない」といった目の前の課題を一つひとつ解決していくだけでは,「ずっと,地域(ここ)で暮らしたい」という本人の本当の思いを実現することが難しい「孤立」の問題があるということでした。

そこで,局内外の関係者と話し合いを重ね,「孤立」を地域全体の課題ととらえ,その解決をめざし地域において生活困窮者支援の土壌づくりをすすめることにしました。そのために,専門職のつながり(ネットワーク)を強化するとともに,支援につながるテーマの研修会や講演会の企画実施に至りました。

平成28年度は,地域関係者,近隣住民や家族を対象に,ひきこもり支援をテーマにした研修会を実施しました。また,専門職に向けた研修会も実施しました。

同年から,自治振興区連合会,市,市社協が協働して「みんなつながる地域交流会」を全4回シリーズで開催しています。平成29年度の第3回は,1月27日(土)に,「つながることで人も地域も元気」として,一般社団法人トクノスクール・農村研究所の徳野貞雄代表理事を,また,第4回の2月17日(土)には,「安心して暮らせる地域づくり」として,公益財団法人さわやか福祉財団の堀田力会長を講師に招き開催する予定です。

「ずっと,地域(ここ)で暮らしたい」という相談者の思いを実現させていくために,庄原市社協がすすめる一人ひとりに寄り添う支援は続いていきます。

2017みんなつながる地域交流会『ずっと地域(ここ)で暮らしたい』~悩む・考えるから、一歩・その先へ~ (庄原市社協HP)

 

 

問合せ先:庄原市社協 総合センター・地域福祉課 TEL(0824)72-7120

     広島県社協 地域福祉課 TEL(082)254-3414

 

ページの上へ戻る