HOME >  広島県社会福祉協議会とは >  広島県社会福祉協議会について知りたい

広島県社会福祉協議会について知りたい

県社協理念

“あなたに寄り添い よろこびをともに”
誰もが自分らしく暮らせる広島の福祉(まち)づくりをすすめます

広島県社会福祉協議会は、住民のみなさん及び市区町社会福祉協議会や福祉・医療・保健等の関係機関、団体とともに、地域での様々な生活上の問題を見つけだし、住民相互の理解を深めてもらう講座や、身近に暮らす人たちが相互に関係を深めてもらう場づくり、具体的な支えあいの方法などの提案とその活動展開を行いながら、誰もがどんな時にでも安心して暮らせるまちづくりに取り組んでいます。

社会福祉協議会のことは、略称して「社協(しゃきょう)」と呼んでください。

会長挨拶

 広島県民のみなさま,また福祉関係団体のみなさまにおかれましては,本会の活動・事業の推進について,平素から格別のご高配を賜り,厚くお礼申しあげます。

 8月4日の本会理事会において,広島県社会福祉協議会の会長に就任することになりました。私はもともとマスコミの出身ですが,福祉関係では施設経営をはじめ,ボランティア関係,NPO関係の代表もさせていただいております。その経験を活かして力不足ではありますが,その責務を果たさせていただきたいと思います。

 さて,無縁社会と称される現代,人のつながりの希薄化や雇用不安,一人暮らしの高齢者,障害や認知症のある人の増加などに伴い,公的な制度だけでは対応できない人や生活のしづらさに直面する人が増え続けています。

 こうした中,本会の果たす役割はますます重要になっています。何らかの援助が必要な人たちの生活課題や地域課題を解決していくために,各市町の社会福祉協議会や各種別の福祉団体のみなさまをはじめ,地域づくりの活動者と協働し,県民のみなさまがそれぞれの地域で自分らしく暮らせるよう,一歩一歩進んでいきたいと思いますので,引き続きご協力・ご支援をいただきますようお願い申しあげます。

広島県社会福祉協議会会長 山本 一隆

定款・組織等

定款

組織図

役員名簿

評議員名簿

 

ページの上へ戻る