HOME >  その他 >  教員免許取得のための介護等体験

教職員免許法特例法による「介護等体験」とは

 介護等体験は,「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律」(平成10年4月施行)に基づき,教員免許取得希望者が社会福祉施設(以下「施設」という)において5日間の介護等の体験を行うものです。

 

介護等体験の目的

(1)介護等が行われている施設での体験を通じ,さまざまな人の生き方や生活のありように気づくとともに,人と関わり,人を支援するうえで大切にすべき視点や姿勢を体験的に学びます。

(2)施設の利用者や職員との交流,学生同士の意見交換をとおして,人と関わり,人を支援するために大切にすべき視点や姿勢を体験的に学習します。

(3)義務教育を担う人に求められる幅広い社会観・人生観がもてるよう視野を広げ,人間的に成長できるきっかけを得ます。

(4)短期間のプログラムであるため,知識や技術等を習得することよりは,何かに気づき,考えるきっかけとなる体験をし,その後の興味・関心,学習意欲を高めます。

 

介護等体験受入調整事業実施要領

介護等体験受入調整事業実施要領

介護等体験受入調整手続要領(施設用)

介護等体験受入調整手続要領(大学用)

 

・受入施設の申込について

  1. 開催要領及び手続要領をご覧ください。

2.「施設種別一覧表」にて,介護等体験該当施設かを確認してください。

別表2_対象施設種別一覧表

  1. 介護等体験学生を受け入れるにあたって,介護等体験期間中の感染症や事故などへの対策を十分考慮のうえ申込を行ってください。

施設様式1_介護等体験年間受入計画書

施設様式2 _介護等体験受入可能カレンダー

施設様式3_介護等体験終了報告書

  • 申込締切日:2017年3月3日(金)

介護等体験受入にあたっての大学等への連絡票

・参加大学の申込について

  1. 開催要領及び手続要領をご覧ください。

  2. 県内大学はデータにて,県外大学は郵送にて申込んでください。

大学様式1_申込書

大学様式2_申込書(学生用)

大学様式3_ 申込書(県内大学用)

大学様式5_学生個人票

大学様式6_変更・取消届

大学様式7_ 証明書

大学様式8_介護等体験事故届書

大学様式9_該当学生数連絡票(見込み) 

  • 申込締切日:2017年5月10日(水)

 

より良い体験にするには

 介護等体験への参加にあたっては,目的意識をもって臨むことが大切です。事前に体験施設はどういう所なのか,どういった利用者がいるのか,利用者にどういう接し方をすべきか等の情報を収集し,自分なりに有意義な体験ができるよう工夫しましょう。

 

ページの上へ戻る