HOME > 県民の皆さま > ボランティア情報に関すること(参加したい、学びたい、お願いしたい) > 広島県被災者生活サポート「ボラネット」

広島県被災者生活サポートボラネット
被災者の生活をささえるボランティア活動について知りたい、参加したい

地震、台風、豪雨等による自然災害は、時に私たちのくらしに多大な被害と生活への支障をもたらします。
広島県社会福祉協議会(広島県ボランティアセンター)では、被災後の当面の生活と、一日も早いふだんのくらしへの復帰を支援するため、「被災者生活サポートボラネット」の取り組みを行っています。
災害発生時は、「被災者生活サポートボラ情報」で随時お知らせします。

 

被災者生活サポートボラ情報

現在のところ,お知らせする情報はありません。

一覧を見る

 

被災者生活サポートボランティア活動とは

被災者生活サポートボランティア活動は、災害の被災地などで地元の人に寄り添いながら、生活再建に向けた支援を行う活動です。

全国的には、災害ボランティア活動という名称で使われていますが、被災者の生活支援を第一に考え、「生活をサポートする」という幅広い視点にたち、「被災者生活サポートボランティア活動」と呼びます。

 

 

広島県被災者生活サポートボラネットとは

広島県被災者生活サポートボラネットは、災害時の「共助」(被災者生活サポートボランティア活動)をすすめるために協働するネットワークです。

災害の被災地に対して、被災者生活サポートボランティア活動による支援を行うために、広島県社会福祉協議会、広島県や日本赤十字社広島県支部をはじめとする関係機関・団体が後方からの支援体制を迅速に備え、人材、財源を投入していくことを目的としています。

 

広島県被災者生活サポートボラネットの機能
・「情報」⇒被災者生活サポートボランティア活動等の情報集約と発信
・「人材」⇒人材の派遣・調整や確保・養成
・「資機材」「資金」⇒災害支援に向けた体制づくり

 

広島県被災者生活サポートボラネットによる災害時の支援

広島県被災者生活サポートボランティアセンター(広島県社協)が設置される災害が起きた場合に、ネットワークを発動させます。

広島県被災者生活サポートボラネットによる災害時の支援

 

広島県被災者生活サポートボラネットによる日常の取り組み (~災害に即応するための5つの柱づくり~)

広島県社会福祉協議会は、広島県域と市町域の2つの圏域で、「いざ災害」そのとき実際に動ける体制と関係機関や団体との連携は、日頃からの情報や意見交換、そして被災した人が直面した際に、必要な支援を共有し、それぞれの役割を明確にしていきます。

災害時にすぐ対応するため「5つの柱づくり」

こうした平時からのネットワークにより、想定内・想定外の状況に即応できる関係づくりをすすめていきます。

 

広島県被災者生活サポートボラネット推進マニュアル
~関係機関協働編~

「協働」をコンセプトにして、平常時から広島県行政や関係機関・団体の「被災地支援」に向けた動きと役割を明確にし、いざという時に情報の共有を行い、支援体制を組み、迅速な被災地支援につなげるための動きについて、マニュアルにまとめました。

※このファイルは、災害時に迅速な被災者支援や日常時の体制づくりに活かすため、ダウンロードできるようにしています。

表紙(PDF)

ダウンロード

目的・目次・マニュアルガイド(PDF)

ダウンロード

広島県被災者生活サポートボラネットとは(PDF)

ダウンロード

広島県被災者生活サポートボラネットの具体的な取り組み(PDF)

ダウンロード

関係資料(様式集)(PDF)

ダウンロード

関係資料(災害救助法)(PDF)

ダウンロード

関係資料(広島県地域防災計画①)(PDF)

ダウンロード

関係資料(広島県地域防災計画②)(PDF)

ダウンロード

関係資料(中国ブロック他関係資料)(PDF)

ダウンロード

 

※ダウンロードに際して、次のとおりご協力ください。

  • 1.参考資料として活用される場合、必ず「広島県社会福祉協議会 広島県被災者生活サポートボラネット推進マニュアル ~関係機関協働編~」と明記され、お手数ですが本会広島県ボランティアセンター(082-254-3506)にご連絡ください。
  • 2.参考になった項目等の感想やご意見をHPトップ画面のお問い合わせホームからお聞かせください。

 

広島県社会福祉協議会の災害時における取り組み

広島県社会福祉協議会は、災害発生時に直ちに広島県被災者生活サポートボランティアセンターを設置します。また、必要に応じて各被災地の市町社協が中心になって設置する市町被災者生活サポートボランティアセンターの後方支援の組織として、被災地の状況把握と情報発信等を組織的に行う総合窓口の役割を担います。

上記センターを設置すると同時に、広島県被災者生活サポートボラネットを協働により発動させ、県域の「共助」のネットワークを活かした被災者・被災地支援を行います。
また、災害時の県社協事務局は、通常業務と災害対応業務の同時併行態勢となるため、状況に応じて全体業務を調整し、それに合わせた事務局職員の組織態勢とします。

広島県被災者生活サポートボラネット推進マニュアル
~広島県被災者生活サポートボランティアセンター事務局運営編~

被災地・被災者の生活支援活動を円滑かつ効果的な活動とするために県社協の役割と実働的な事務局職員の動き、各関係団体・機関との連携、それを実践するために平時及び災害時の取り組みについて、マニュアルにまとめました。

※このファイルは、災害時に迅速な被災者支援や日常時の体制づくりに活かすため、ダウンロードできるようにしています。

表紙(PDF)

ダウンロード

はじめに,目次,本編(PDF)

ダウンロード

ステージ別各班の動き(PDF)

ダウンロード

聞取り票(PDF)

ダウンロード

裏表紙(PDF)

ダウンロード

 

※ダウンロードに際して、次のとおりご協力ください。

  • 1.参考資料として活用される場合、必ず「広島県社会福祉協議会 広島県被災者生活サポートボラネット推進マニュアル ~広島県被災者生活サポートボランティアセンター事務局運営編~」と明記され、お手数ですが本会企画課(082-254-3412)にご連絡ください。
  • 2.参考になった項目等の感想やご意見をHPトップ画面のお問い合わせホームからお聞かせください。

 

お問い合わせ先

「広島県被災者生活サポートボラネット」の詳しいことについては、広島県社会福祉協議会(広島県ボランティアセンター)へお問い合わせください。

広島県社会福祉協議会 広島県ボランティアセンター

住所 〒732-0816 広島市南区比治山本町12-2 県社会福祉会館内
電話 082-254-3506
ファックス 082-256-2228

ページの上へ戻る