HOME > 県民の皆さま > 広島県障害者権利擁護センター

広島県障害者権利擁護センター

当センターは,主に使用者(障害のある人を雇用する事業者など)による虐待など,障害のある人の権利を脅かす行為に気づいたときの相談,通報,届出の窓口です。 障害者虐待防止法(平成24年10月1日施行)に基づき,広島県社会福祉協議会が運営しています。

広島県障害者権利擁護センター

広島県障害者権利擁護センターの役割

広島県障害者権利擁護センターの役割

1. 使用者による虐待に関わる相談、通報または届出を受け付けます。

2. 使用者による障害者虐待が疑われる場合は、ただちに広島県(障害者支援課)と協働し、必要な対応を行います。

3. 障害者虐待を受けた障害者に関わるさまざまな相談に応じます。必要に応じて相談機関等を紹介します。

4. 障害者虐待の防止や養護者への支援に関する情報収集・分析、情報提供及び広報啓発活動を行います。

ページの上へ戻る