HOME > 福祉の仕事と資格 > 離職介護人材再就職準備金貸付事業

離職介護人材再就職準備金貸付事業

介護職員として一定の知識と経験を持ちながらも離職している人を対象に,

広島県内で再び介護職員として働き始めるために必要な費用を貸し付ける制度です。

貸付後に広島県内で継続して2年間従事した場合,全額返還免除となります。

貸付金額

200,000円以内(無利子)

※ 返還期間を過ぎた場合は年5%の延滞利子が発生します。

貸付対象経費は次のものとします。

・子どもの預け先を探すための活動費

・介護に係る軽微な情報収集の費用及び講習会参加経費,国家試験の受験手数料

 又は参考図書等の購入費

・介護職員等としての活動に必要な道具及び鞄,靴などの被服費

・転居を伴う場合に必要な敷金,礼金,転居費

・通勤用自転車又はバイクの購入費      等

貸付対象者

次の①から⑤までの要件をすべて満たす人を対象とします。

 ① 広島県に住民登録をしている

 ② 次のいずれかの事業所または施設において,介護等の実務経験が1年以上ある

    介護保険法に基づく居宅サービス等を提供する事業所又は施設

    同法に基づく第一号訪問事業又は第一号通所事業を実施する事業所

 ③ 介護福祉士有資格者,介護福祉士実務者研修修了者,介護職員初任者研修修了者

 (介護職員基礎研修,訪問介護員養成研修1級課程及び2級課程修了者を含む。)のいずれかである。

 ④ 直近の離職日から再就労までの間に広島県社会福祉人材育成センターに届出又は登録している。

 ⑤ ②のア・イのいずれかに該当する広島県内の事業所又は施設に再就職が決定している。

           

        ※ 再就労が決定した日以降に広島県社会福祉人材育成センターへ届出・登録した場合は対象外となります。

        ※ 教育訓練給付制度や高等職業訓練給付金等の国庫補助事業や本資金と同種の使途である貸付金・納付金との

   併用はできません。

 

離職介護人材再就職準備金貸付事業の内容

資金の詳細については,次の書類を参照してください。

 離職介護人材再就職準備金貸付事業のご案内(チラシ)

 離職介護人材再就職準備金の取扱いについて

 

※ 本貸付事業は,「広島県介護福祉士修学資金等貸付事業実施要綱」に基づき,運営しています。 

   広島県介護福祉士修学資金等貸付事業実施要綱

借入申請の手続き

次の書類に申請書類送付票を添えて本会まで提出してください。

申請受付期限:再就労日から3か月以内(内定日以降申請可)

基本書類】

 No

様式名

留意事項

 1

再就職準備金借受申請書

印刷時は必ず両面印刷してください。

 2

再就職準備金利用計画書

 

 3

離職前に在籍していた事業所又は施設の在職証明書

在籍していた事業所又は施設による記入が必要です。

 4

再就職先となる事業所等の業務従事(見込)証明書

再就職先となる事業所又は施設による記入が必要です。

 5

個人情報の取扱に関する同意書

 印刷時は必ず両面印刷してください。

 6

介護福祉士登録証の写し又は各研修に係る修了証明書の写し

 

 7

住民票の写し(本籍地の記載があるもの)

原本(色紙)を提出してください。

 8

印鑑登録証明書

 

【連帯保証人関係書類】

No

様式名

留意事項

 1

住民票の写し(本籍地の記載があるもの)

原本(色紙)を提出してください。

 2

印鑑登録証明書

 

 3

収入及び課税状況が確認できる書類

 

【法定代理人(親権者または後見人)関係】

No

様式名

留意事項

 1

印鑑登録証明書

申請者が未成年の場合に提出してください

申請書類の提出をもって審査を行い,貸付の可否を決定します。

本会が申請処理を受理後,1か月程度で書面により結果をお伝えします。

申請書類提出及び問合せ先

 (社福)広島県社会福祉協議会 生活支援課

  〒732-0816 広島市南区比治山本町12-2 広島県社会福祉会館1階

  TEL082-254-3413  FAX082-252-2133

  【受付時間】平日8:30~17:30(土日・祝日及び年末年始は休み)

ページの上へ戻る