HOME >  広島県地域支え合いセンターからのお知らせ > [情報提供]新型コロナウイルス感染症に伴う生活課題の相談窓口等について

◆5月7日
 「[情報提供]新型コロナウイルス感染症に伴う生活課題の相談窓口等について」

 

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策に伴う事業所の休業等による経済的な困窮や,外出自粛,経済状態の悪化によるドメスティック・バイオレンス(DV)や家庭内における虐待の増加等が懸念されています。加えて,生活再建をすすめている西日本豪雨災害の被災世帯においても,これらの影響が危惧されているところです。
 つきましては,これらの生活課題を軽減,解決するための制度や相談窓口を次のとおり紹介しますので,ご確認ください。

 

◆弁護士会による相談対応
https://www.nichibenren.or.jp/news/year/2020/topic2.html

 広島弁護士会 無料電話相談のお知らせ [2020.5.15掲載]

 

◆司法書士会による相談対応
https://www.shiho-shoshi.or.jp/other/topics/info_list/50542/

 

その他活用できる制度◇生活福祉資金特例貸付(緊急小口資金・総合支援資金)
https://www.hiroshima-fukushi.net/

 

◇広島県地域支え合いセンター専門家派遣事業
※本事業は,平成30年7月豪雨災害により被災された世帯を対象に,市町地域支え合いセンターを通じて支援を行います(派遣先は市町地域支え合いセンターとなります)。利用を希望される場合は,お住いの市町地域支え合いセンター または 広島県地域支え合いセンター にご連絡ください。

ページの上へ戻る