HOME >  広島県地域支え合いセンターからのお知らせ > 【6月8日更新】新型コロナウイルス感染防止対策の中での被災者の見守り・相談支援について

◆6月8日更新 [情報提供]

「新型コロナウイルス感染防止対策の中での被災者の見守り・相談支援について」

 

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策に伴う事業所の休業等による経済的な困窮や,外出自粛,経済状態の悪化によるドメスティック・バイオレンス(DV)や家庭内における虐待の増加等が懸念されています。加えて,生活再建をすすめている西日本豪雨災害の被災世帯においても,これらの影響が危惧されているところです。 つきましては,これらの生活課題を軽減,解決するための制度や相談窓口を次のとおり紹介しますので,ご確認ください。

 併せて,今後も,生活困窮や孤立の問題がさらに広がることが予想される中,地域支え合いセンターの支援活動においても,住民の不安な声や生活の困りごとを把握,対応していくこととしています。その中で活用していただきたい,地域でのつながりを絶やさないための工夫した取り組みを,次のとおり紹介しますので,ご確認ください。

 

相談窓口等について

■5月7日「[情報提供]新型コロナウイルス感染症に伴う生活課題の相談窓口等について」

 

地域のつながりづくりの取り組みについて

【New‼】「“3密”を避けながら,つながりを絶やさない!地域福祉活動つながるポイント」
      (広島県社会福祉協議会 作成 No.3)

     「“3密”を避けながら,つながりを絶やさない!地域福祉活動つながるポイント」
      (広島県社会福祉協議会 作成 No.2)

     「“3密”を避けながら,つながりを絶やさない!地域福祉活動つながるポイント」
      (広島県社会福祉協議会 作成 No.1)

ページの上へ戻る