HOME >  広島県地域支え合いセンターからのお知らせ > 『関係機関・団体連絡会議①』を開催しました!

『関係機関・団体連絡会議①』を開催しました!

7月22日

 今年度第1回の「関係機関・団体連絡会議」を開催しました。
 今年度は「住まいの再建に課題がある世帯の支援を考える」をテーマに協議を重ねる予定です。今回は,まず県センターが実施した「再建支援調査(最終版)」について報告しました。その後,現場の支援の状況について,坂町地域支え合いセンターの安本主任相談支援員から報告をいただきました。最後に,県災害復興支援士業連絡会会長の今田弁護士から,今後,必要な具体的な支援方策や支援関係者間の連携の必要性について助言をいただきました。
 安本主任から「支え合いセンターと本人の思う“再建”の違いに,支援の難しさを感じることもある」「支え合いセンターだけでは支援の行き詰まりを感じるケースがあり,行政や専門家に力を借りたい」との言葉がありました。まさに,県センターの調査報告における提言や今田弁護士からの助言においても,多機関連携によるチーム支援が重要となることや,世帯が抱えるもともとの課題解決に,専門家をうまく活用すること等の,現場の声に応える,今後の支援の方向性が示されました。そのため,本会議の第2回は,それらの取り組みについて,さらに一歩踏み込んだ協議を行うこととしています。
 再建に課題がある世帯の支援が,現場でひとつでも具体に解決し,世帯に必要な再建が進むよう,本会議でより具体的な支援策,連携の取り組みを協議し,市町センターに提案していきます。

ページの上へ戻る