HOME >  県社協からのお知らせ > 令和3年度広島県社会福祉制度・予算に係る要望活動を行いました(広島県議会)

令和3年度広島県社会福祉制度・予算に係る要望活動を行いました(県議会)

 県域の関係福祉18団体により,令和3年度の広島県の社会福祉制度・予算に対する重点要望を,「令和3年度県社会福祉制度・予算に対する要望書」のとおり取りまとめ,10月13日に,広島県議会 生活福祉保健委員長へ要望活動を行いました。

 当日は,本会社会福祉制度・予算対策委員会 本永史郎委員長から,吉井清介生活福祉保健委員長へ要望書を手渡し,要請しました。

 吉井生活福祉保健委員長からは,「コロナ禍であっても,本来問題にすべき福祉施策の重要事項から目を逸らすことなく,問題点を捉えて,現場の生の声を聞きながら,議論を進めていきたい,今までの活動ができるように応援したい」との心強いお言葉をいただきました。

 ■日 時 令和2年10月13日(火)14:30~
 ■場 所 広島県議会 会議室
 ■出席者 広島県議会 吉井 清介 生活福祉保健委員長
       広島県/地域包括ケア・高齢者支援課長,地域福祉課長
       県社協社会福祉制度・予算対策委員会/正副委員長

 

(左:吉井生活福祉保健委員長,右:本永予算対策委員長)

※顔が見えやすいようにと,写真撮影時のみマスクを外してくださいました。

 

令和3年度県社会福祉制度・予算に対する要望書

団体別要望事項一覧

 

〔この件に関する問い合わせ先〕総務課/TEL:082-254-3414

 

 

ページの上へ戻る