HOME >  広島県地域支え合いセンターからのお知らせ > 『関係機関・団体連絡会議③』を書面会議形式にて実施しました

1月22日『関係機関・団体連絡会議③』を書面会議形式にて実施しました

  
      第1回会議(7/22実施)          第2回会議(10/19実施)


第3回会議=書面会議

 今年度第3回(最終回)となる「関係機関・団体連絡会議」を書面会議にて開催しました。
 本会議では,この3か年,市町域での被災者支援活動における支援関係者の連携・協働を促進することを目的に,県域レベルでの情報共有や支援方策等の協議を行ってきました。ここまでの協議内容をふまえ,本会議における支援のふりかえりから次への備え,教訓を「総括資料」としてまとめるため,意見書を提出していただくこととしました。各団体からは「地域共生社会の骨格である『住民が主体的に地域課題を把握して解決を試みる体制づくり』を支援することを考え方に追加してはどうか」「『こころのケア』について,被災者だけでなく支援者へも「こころのケア」は必要であり,災害時のこころの変化について理解をしておく必要がある」等のご意見を寄せていただいています。
 年度内に,参画団体から寄せられたこれらの意見等をまとめ,共有させていただくとともに,次に(次の有事の際に)活かせる一資料として残したいと考えています。

ページの上へ戻る