HOME >  県社協からのお知らせ > 【助成情報】田辺三菱製薬「手のひらパートナープログラム」

田辺三菱製薬「手のひらパートナープログラム」第10期助成団体募集について
ご案内します
 
【助成団体案内より抜粋】
 

 難病患者さんの「生活の質(QOL)向上」のために,難病患者団体,支援団体が実施する
活動への助成金プログラムです。   

 世界中の製薬会社が力を尽くし創り出した医薬品でも,治すことのできない難病が
未だ多く存在します。田辺三菱製薬株式会社は,難病に対する新薬の開発に取り組む
とともに,病気に苦しむ患者さんやご家族への支援を行うことも,大切な使命であると
考え,2012年に「田辺三菱製薬 手のひらパートナープログラム」を創設しました。
 難病患者団体,およびその支援団体の活動の一助としてご活用ください。

 
◇募集期間◇
 2021年10月1日(金)~11月15日(月)
 

◇助成対象活動◇
 2022年4月1日~2023年3月31日に行われる,難病患者さんの療養・就学・就労等,
 生活の質(QOL)向上のための活動
 1.療養環境の向上をめざす活動
 2.就学/就労等,社会参加を支援する活動
 3.「難病」に対する,一般の人たちの理解や支援を促進する活動
 4.「難病」に対する,一般社会への疾患啓発をはじめ早期判断医療へのアクセスを
   促進する活動
 5.その他,「田辺三菱製薬 手のひらパートナープログラム選考委員会」が認めた活動
 ※団体の年間事業全般に対しての支援は行いません。取り組む課題や企画を絞って
  ご申請ください。
 

◇助成金額◇
 助成総額1,000万円
 1件の助成金額の上限は100万円
 

◇助成対象団体◇
 難病患者さんの「生活の質(QOL)向上」に向けた活動を実施する
 難病患者団体,家族会およびその連合組織,NPO等非営利団体を対象とします。
 ・国内に主たる拠点を有する団体であること。法人格は不問。
 ・2021年4月1日現在で1年以上の活動実績を有すること
 (前年度の決算報告が提出できること)。
 ・ここでいう「難病」とは「難病の患者に対する医療等に関する法律第5条第1項」において
  2019年7月1日までに「指定難病」と告示された333疾患をさします。
 

◇申請方法◇
 所定の申請書と必要書類を申請フォームより送信。
 申請書,募集要項,経費ガイドラインは,ホームページからダウンロードできます。
 申請書・募集要項等 詳細はこちら
 田辺三菱製薬株式会社 https://www.mt-pharma.co.jp/
 事務局(公益社団法人日本フィランソロピー協会)
     https://www.philanthropy.or.jp/tenohira/
 
 
◇選考のポイント◇
 ①社会(環境)や患者,ご家族,その支援者の課題やニーズを的確につかんでいるか
 ②活動に新しい視点や工夫がほどこされているか(オンラインツールによる有効活用など)
 ③他団体,行政,企業,ボランティアなどと連携し,幅広いサポートを得ようとしているか
 ④事業の実現性があるか(事業計画,収支見込み)
 ⑤本助成金の必要性(公的支援等が得にくい活動など)
 ⑥同じ課題に取り組む人たちが参考にできるモデルとなることが期待できるか
 
 
◇選考結果◇
 2022年2月下旬 事務局より文書にてお知らせします。
 

◇お問い合わせ先◇
 「田辺三菱製薬 手のひらパートナープログラム」事務局
  公益社団法人 日本フィランソロピー協会内(担当:宮本 栄)
 TEL:03-5205-7580 FAX:03-5205-7585
 E-mail:tenohira@philanthropy.or.jp

ページの上へ戻る