平成30年度(第21回)広島県介護支援専門員実務研修受講試験    受験の手引 一部訂正のお知らせ

 平成30年5月28日付で厚生労働省老健局長から各都道府県知事宛に「介護支援専門員実務研修受講試験の実施について」の一部改正の通知がありました。

 これにより,配付した受験の手引に訂正箇所がありますので,お知らせします。

 

(1)P.3 3 受験希望者についての留意点

    ⑤介護保険法第69条・・・(略)・・・同法第69条の6第1項第1号の規定によりその登録が消除され、

     まだその期間が経過しない者

 

(2)P.6 G 試験実施方法

    1 出題数、試験時間

       保健医療福祉サービス分野 保健医療サービスの知識等 20問

                          (※基礎・総合の区別がなくなりました)

 

(3)P.11 別表2 相談援助に従事する者

      2008 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の2の2第7項に規定する・・・(略)

 

(4)P.23 中項目13 医療器具を装着している場合の留意点

      小項目6 内視鏡的胃瘻設術(PEG) (※増・・・×  造・・・○)

 

(5)P.20~試験問題出題範囲(P.20~P.27の変更箇所は別紙のとおりです)

  P.25[区分6.] 大項目2.と3.の間に(新設)

     3.地域密着型通所介護方法論 

         中項目  1   地域密着型通所介護の意義・目的

          2   地域密着型通所介護の利用者の特性

          3   地域密着型通所介護の内容・特徴

 

(6)P.25[区分7.] 大項目1.介護予防訪問介護方法論 削除)

            同 中項目 1 2 3 4 (削除)

    

(7)P.26 大項目6.介護予防通所介護方法論 (削除)

      同 中項目 1 2 3 4(削除) 

 

(8)P.27 大項目4.介護医療院サービス方法論 新設)

            中項目  1   介護医療院の意義・目的

           2   介護医療院サービス利用者の特性

           3    介護医療院の内容・特徴

 

  別紙:試験問題出題範囲(受験の手引P.20~P.27 訂正後)

ページの上へ戻る