HOME > 福祉関係の皆さま

「福祉サービス第三者評価」受審のご案内

「福祉サービス第三者評価」とは

「福祉サービス第三者評価」とは,福祉施設・事業所でのよりよい福祉サービスの実現にむけて,公正・中立な第三者評価機関が,専門的・客観的な立場から福祉サービスについて評価を行う仕組みです。本事業は,国が示した「福祉サービス第三者評価事業に関する指針」をもとに都道府県が実施しており,本会は第三者評価機関としての認証を受け,本事業を実施しています。
初めての事業所様はもちろん,過去に受審されたことのある事業所様にも定期的な受審をおすすめしております。「人材育成」や「業務の見直し」等の機会としてもぜひご活用ください。

受審のメリット

さらなるサービスの質の向上

管理者だけではなく,職員全員で事業所の「自己評価」を実施することで,職員の意欲を高めながら,事業所の「強み」「改善点」を明確にします。さらに,公正・中立な立場の第三者が,専門的かつ客観的な評価を実施することで,さらなるサービスの質の向上に向けて具体的な目標の設定につなげます。

利用者等への情報提供

評価結果は「報告書」としてまとめ,事業所に提供します。また,「WAMネット」でも公開し広く周知することで,福祉サービスの質の向上・改善への取り組みを,利用者や家族・地域住民,就職希望者等に発信し,事業所の理解につなげます。

受審のながれ

 

受審手数料

 

 

「自己評価」の実施方法について

サービスの質向上には,サービスを提供する職員間の目標値や課題の共有が不可欠です。自己評価の取り組みは,目標値や課題を職員間で共有することにつながります。

「自己評価票」(評価項目)について

「自己評価」は,組織運営に関する評価「管理運営編」とサービスに関する評価「サービス編」の2種類です。
本会では,「広島県福祉サービス第三者評価推進委員会」の定める評価基準を使用しています。
「自己評価票」および「評価の着眼点」(解説)については,「広島県福祉サービス第三者評価推進委員会」のページからご確認ください。

広島県福祉サービス第三者評価推進委員会

自己評価の取り組みについて

自己評価は,特定の職員のみの見方や判断にかたよることのないよう可能な限り,全職員参加のもとで,客観的に実施してください。
また,事業所として一つの結果にまとめる際には,多数決ではなく,話し合いによって自己評価結果を決定してください。

自己評価結果(A・B・C・D)の判断について

「できている」「できていない」のみにとらわれた判断をするのではなく,事業所の現状を明らかにし,今後のあるべき姿(目標)を明確にする評価結果としてください。

自己評価コメント(評価理由と課題)の記入について

自己評価の作業をより効果的なものとするために,自己評価の決定の根拠を必ず記入してください。
今後のあるべき姿(目標),事業所で現在認識している課題,結果決定の根拠となる書類,委員会の開催状況等の現状等を具体的に記入してください。

本会受審事業所について(令和2年度・令和3年度)

事業所名をクリックすると,各事業所の報告書(WAMネット公開情報)をご確認いただけます。

【高齢者施設】
介護老人保健施設白木の郷
特別養護老人ホームあすらや荘
介護老人保健施設あすらや荘
養護老人ホームあすらや荘
特別養護老人ホーム高陽荘
特別養護老人ホーム仁方
介護老人保健施設 原

【障害者施設】
障害者支援施設 仁方(施設入所支援)
太田川学園高陽寮
重症児・者福祉医療施設原(ふれあいライフ原)
障害者支援施設 原(施設入所支援)
障害者支援施設 原(指定生活介護)
指定障害者支援施設 白木の郷(施設入所支援)

【保育所・認定こども園】
今津未来園
赤坂保育所
大門未来園(認定こども園)
甲田いづみこども園
認定こども園せんにしの丘
中山いづみこども園
白木いづみこども園
認定こども園せんだの森
認定こども園みゆき
小屋浦みみょう保育園

【社会的養護施設】
救世軍愛光園(児童養護施設)
母子生活支援施設さくら苑
高松ハイツ(母子生活支援施設)
広島新生学園(児童心理治療施設)
母子生活支援施設メゾンクオーレ
母子生活支援施設嶺南荘
光の園摂理の家(児童養護施設)
児童養護施設 仁風園

ご相談・お問い合せ先

広島県社会福祉協議会 権利擁護課

住所  〒732-0816 広島市南区比治山本町12-2 県社会福祉会館内
電話  082-254-3437
ファックス  082-252-2133

 

 

ページの上へ戻る