HOME >  県内の地域福祉情報 > 「生まれ育った竹原市で働く若い世代を増やしたい」

「生まれ育った竹原市で働く若い世代を増やしたい」

   竹原市内の11の社会福祉法人で構成する「竹原地域社会福祉法人協議会」(以下,法人協)では,福祉・介護人材の確保・育成・定着に向けたさまざまな取り組みを行っています。

 そうした取り組みの1つとして,今年度,「竹原地域社会福祉法人協議会進学支援事業」を立ちあげました。この進学支援事業は,福祉・介護・保育の仕事に関心を持っている高校生が,安心して大学や専門学校に進学し,卒業後は,地元の福祉施設に就職し,活躍できるよう,支援する取り組みです。

    この取り組みを実施するには,関係機関との連携が大切であるため,1月21日に「福祉・介護・保育における人材育成事業に関する包括連携協定書」を法人協をはじめ,竹原市や市内の高校,県内の大学や専門学校の養成施設,商工会議所など7つの機関により,協定の締結を行いました。

 進学支援事業立ちあげの背景には,竹原市内の子どもたちの多くが,市外の中学・高校に進学していることや,少子化や家庭環境により,高校卒業後,福祉・介護・保育系学校等への進学者が減少していることなどがあります。また子どもたちの中には「大学や専門学校に進学したくても,費用の問題で進学ができない」など,子どもたちでは解決できない問題を抱えている状況もあります。

 法人協では,これまで実施してきた,高校での福祉・介護の仕事への理解を深める授業と併せ,加入法人が実施する奨学金制度の紹介や,地元で実習を希望する学生に対する費用負担など,関係機関と連携を図り,将来,地元で活躍する若い世代の人材育成をすすめています。

問合せ先:竹原市社会福祉協議会 TEL 0846-22-5131

     広島県社会福祉協議会 福祉人材課 TEL 082-254-3415

ページの上へ戻る