HOME >  県内の地域福祉情報 > 【注目!!】新型コロナウイルス感染防止を踏まえた 市町被災者生活サポート(災害)ボランティアセンター運営の考え方

新型コロナウイルス感染防止を踏まえた 市町被災者生活サポート(災害)ボランティアセンター運営の考え方

 新型コロナウイルスの影響により,感染拡大を防止する観点から,全国から不特定多数のボランティアが集中して活動を行う形での支援体制を見直す必要に迫られており,市町被災者生活サポート(災害)ボランティアセンターの運営をどのように進めるかが喫緊の課題となっています。
 このことを踏まえ,被災者生活サポート(災害)ボランティアセンターの運営にあたり,新型コロナウイルスの感染拡大防止に十分配慮しつつ,どのような視点で被災者への生活支援を進めるかの考え方をまとめました。
 各市町の感染状況や取り組み方針を踏まえ,災害が発生した場合の被災者生活サポート(災害)ボランティアセンター運営を検討する際の参考資料として活用してください。

新型コロナウイルス感染防止を踏まえた市町被災者生活サポートボランティアセンター運営の考え方について

ページの上へ戻る