HOME > 福祉ひろしま~イチオシ福祉情報~ > 被災者ニーズを漏らさず支えるために ~ 令和3年8月大雨災害における災害ボラセン収束期の支援対応【安芸高田市の取り組み】 ~

被災者ニーズを漏らさず支えるために ~ 令和3年8月大雨災害における災害ボラセン収束期の支援対応【安芸高田市の取り組み】 ~

2022.02.10 掲載

 令和 3 年 8 月 11 日からの大雨では,安芸高田市は河川の氾濫や土石流などにより,住宅被害は 300 件以上発生するなど甚大な被害が発生しました。
 安芸高田市社会福祉協議会では被災した人々の生活をサポートし,一刻も早く安心した生活を取り戻すため,8月16日から被災者生活ボランティアセンターを立ちあげ,ボランティア活動者の協力を得て,被災者の生活再建を支援してきました。
 今回は,市社協の地域部門と在宅部門の協働により,家屋の泥だしなど緊急的な片づけから,その後の生活の困りごとなど,複合課題や制度の狭間のニーズに対応した災害VC閉所期(閉所前~閉所後)の取り組みを紹介します。

記事はこちら

 

お問合せ先:地域福祉課 TEL 082-254-3414

 

ページの上へ戻る